アメリカでヒット中の最新映画興行収入ランキングからTOP10をご紹介。今週はスターウォーズ最新作ローグワン、そしてウィル・スミス主演の感動ドラマ、「コラテラルビューティー」、そして賞レース大本命「ララランド」の3本がTOP10入り

アメリカ最新映画 興行収入ランキング 2016年12月16日〜18日 Boxoffice Mojo調べ

10位(8)ノクターナルアニマルズ Nocturnal Animals 興行収入累計 約900万ドル
9位(5)ドクター・ストレンジ Doctor Strange 興行収入 累計約2.3億ドル
8位(4)メッセージ Arrival 興行収入累計約8600万ドル
7位(15)LaLa Land ララランド 興行収入累計約520万ドル
6位(7)マンチェスターバイザシー Manchester by the Sea 興行収入累計 約1400万ドル
5位(3)Fantastic Beasts and Where to Find Them、ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
4位(新)Collateral Beauty 素晴らしきかな、人生 興行収入累計700万ドル
3位(2)2位(新)オフィスクリスマスパーティ Office Christmas Party 興行収入累計 約3,100万ドル
2位(1)Moana モアナと伝説の海 興行収入累計 約1.6億ドル
1位(新)Rogue One: A Star Wars Story ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 興行収入累計 約1.5億ドル

2016年12月16-18日の興行収入ランキングTOP10初登場は3本

7位はララランド、先週の15位からランクアップ
公開関数を5館から200館に増やしてランクインですねー
でも200館てまだまだ少なくって1位のローグワンで4157館で公開ですから
いかにララランドが1館あたりでは収益性が高いかがわかりますねー

日本公開はGAGA配給で2017年2月24日から
きらペリは待ちきれずSpotifyとAWAでサントラだけ聴きまくってます(笑)
特に「Another Day of Sun」がお気に入りです。和訳しましたw

エクス・マキナで強烈な存在感を魅せた日系イギリス人のソノヤ・ミズノさんも出演!

4位に初登場はウィル・スミス主演のコラテラルビューティーこと「素晴らしきかな、人生」

ウィル・スミス、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、マイケル・ペーニャ、ケイト・ウィンスレットそしてヘレン・ミレンと
超豪華キャスト・・・・だったんだけど残念な4位スタートですねー
賞狙いだったのかもしれませんが、批評家ウケは悪く
しかしながらRottenTomatoesのユーザー評価はそんなに悪くないんですね
予告を見る限りではきらペリも泣けそうで面白そうだなーと思ってました
ウィル・スミス主演作では過去最低のオープニング成績に・・・

1位は日本でも16日から公開がスタートしたローグワン/スターウォーズストーリー

正直誰もが?コケると思っていたスピンオフ作品
主演のフェリシティ・ジョーンズはそれはもうめちゃプレッシャーだったと思います。大ヒットして良かったねー
最初の週末で1.5億ドルを稼ぎ出すって…おなじく大ヒットした2位のディズニー最新作、モアナが4週目で累計1.6億ドルですからね
比較すると凄さがわかりますねー。やっぱりスターウォーズは不動の人気ですね。前作のスター・ウォーズ/フォースの覚醒はしかしその上を行く初週2.5億ドル…

来週末公開の注目作は

ミュージカルコメディアニメ Sing

ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット主演のSFサスペンス Passenger

人気ゲームを映画化、アサシンクリード

主演のマイケル・ファスベンダーのアクションシーンに注目ですね

全米最新ヒット映画興行収入ランキングTOP10 12/16-18 スターウォーズ最新作が1位
Tagged on:     

One thought on “全米最新ヒット映画興行収入ランキングTOP10 12/16-18 スターウォーズ最新作が1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。