2017年大ヒットした映画の一つとなる事間違い無しの「美女と野獣」、実写版を観てきましたので感想です。あらすじは皆知ってると思うので省略!ディズニーのアニメ版観た方にもぜひ観てほしいです!

 

 

映画 美女と野獣 Beauty and the Beast 感想

きらペリが好きだった点

ストーリーがわかってる前提(みんなアニメ版は観たよね)でサクサクサクとすすむストーリー

違和感全くなし!ルミエールたちの実写再現率の高さ

脇役が豪華すぎ。ルミエール=ユアン・マクレガー / コグスワース=イアン・マッケラン / ポット夫人=エマ・トンプソン

ビースト役のダン・スティーヴンスのイケメンぷり。王子に戻ったらため息モノですよ

アニメ版には無かったシーンもオリジナルでありまして、こちらも楽しめました

ルーク・エヴァンスの演じたおっさんガストン。バカでエラそうで、豪腕ではまり役すぎました

ベルがはじめて食事するシーンでルミエールがおもてなしするとこ。まるでディズニーのアトラクションみてるかの如く凄かった
IMAX 3Dだったのが良かったのかもしれません

カップルにもファミリーにもおすすめ
観るなら3Dがおすすめです

 

 

イマイチだったとこ
ほぼなしですが欲を言えばビーストとベルのダンスシーンですかねー
もっと盛り上がるかなーって思ってったけど、その前のルミエールのおもてなしシーンのほうが凄くて霞んだ感ある
あとダンスシーンみたいに動きがありまくるシーンを人間とコンピューターグラフィックを重ねて実現するのはちょっとまだしんどいのかもしれない・・・と感じました
しかもダンスホールだから明るいしね・・・・

あとイマイチだったことじゃないけど、アメリカで公開時に発売されたベル人形がちょっとどうなのって話題になってたので…ベルが黄色いドレス着だしてからそれがチラついてしょうがなかった(笑)

むしろジャスティン・ビーバーに似てるだろって話題になってましたね・・・

 

 

映画 美女と野獣 感想 ネタバレあり Beauty and the Beast
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。