キングダム

Netflix「キングダム」シーズン2 ネタバレ 感想 韓国ゾンビドラマ 続編

Netflixで「キングダム」シーズン2を観たので、ざっくりあらすじとネタバレありの感想です。キングダムシーズン1の最後は朝になると動きが止まるはずだったゾンビたちが朝でも動き出し、温度じゃね?って気づいたけど・・・・みたいなとこで終わりました。シーズン2では全ての謎が解き明かされる!?

 

 

Netflixドラマ キングダム シーズン1のネタバレあり感想はこちら

 

Netflix キングダム シーズン2 ざっくりあらすじ

 

世人様、朝日にひるまないゾンビを前に撤退

中央軍のお城に侵入した世人さま、ゾンビ化した父の首を泣く泣くはねる
しかしそれは罠で捕らえられてしまう

翌朝、世人さま御一行斬首刑
そんなピンチに前日死を覚悟し、ゾンビとして生き返らせることを頼んでいた師匠、アンヒョンがゾンビ化して登場
敵をなぎ倒し、チョ・ハクチュに致命傷を負わせる

 

チョ・ハクチュを不憫に思った甥のポムパルはソビを連れチョハクチュを移送
ソビは水にチョハクチュを浸すことでゾンビ化の原因である寄生虫を体内から取り出すことに成功する

 

 

復活したチョハクチュ、王妃の子供を確認しにむかい、それが王妃の子ではないことを知り激怒
しかし王妃の盛った毒により死亡する

城に戻った世人は父亡き後の王妃に代わり王権を握ろうとするが、王妃が隔離していたゾンビたちが街に溢れだしパニックに

なんとか食い止め、ゾンビを一掃した世人様
王妃も死に、残ったのは王妃が王としたてあげようとしたムヨンの息子
世人は生まれたばかりの息子を殺し王になることもできたが考えを改め、死んだことにして行方をくらませた

 

7年後
国は新王の元、平穏を取り戻していた
出世して大臣となったポムパルの元へヨンシンが尋ねてくる

ヨンシンはポムパルにソビの作った生死草をの記録を手渡した

 

 

生死草についた虫の卵が体内で孵化し脳を操る
生き返ったゾンビは理性を失い血と肉を求める
ゾンビに噛まれただけではゾンビにならなかったが
ゾンビに噛まれて死んだ人の肉を食べた人間はゾンビになり
そのゾンビに噛まれた人もゾンビになるように
噛まれても死ぬ前に水に浸かる、または脳がまだ発達前の子はゾンビにならない

 

寄生虫は冷たい性質を好み、春夏には発病しない秋と初冬には日の出ていない間だけ発病
冬至から立春はずっと活動的

残る謎は冷たいのを好む虫のはずが熱を加えると病が広がったこと

ヨンシンは生死草が全国いたるところに見つかっているのだと語る

 

 

世人とソビは旅をして生死草を発見
それは村長の息子が苗を買って、売ろうと思って育てていたものだった

 

世人は売人を探しに北へ

誰もいないゴーストビレッジ
突如現れたのはゾンビだった

同じ頃城では、幼い頃にゾンビに噛まれたが命をとりとめた新王の体を寄生虫が蝕もうとしていた

キングダム シーズン2 完

 

Netflix キングダム シーズン2 感想

 

今回は初っ端から大量のゾンビとの戦いで超絶テンション高くスタートしました
途中からはゾンビと戦うだけではなくチョハクチュと王妃との戦いになり
ここでもやっぱりゾンビが賑やかしてくれて飽きる暇なんてないままあっという間の6エピソードでした

 

 

ベストシーンはなんといっても、自らゾンビ化志願し、その勤めを果たしたお師匠様の最後の一撃ですね
斜めに体に刺さった旗とか、冷静に考えるとなんで?(笑)なんですけど
かっこよかったですーー

チョハクチュが復活しちゃったときは、がっかりしましたけど。その後、王妃の残酷さを描くための行き返りだったのかと納得
王妃もぶっ飛んで悪役で、肝の座った佇まいに貫禄すら感じました。

 

王妃もゾンビになっちゃうってのが最高でしたね。あんなに早く走れるんだ(笑)

ラストの戦闘シーンは超ド迫力。
氷がなかなか割れないのはやきもきさせられました。想像以上に分厚かったっていうの事前の調査不足だね・・・・

今度からゾンビと戦うのは水辺が良いなと確信しました

さて続くはシーズン3なんですが
生死草の謎もまだ一部未解明だし、最後に出てきた謎の女売人?にも期待高まります。有名な女優さんなのかなーあのドヤ顔は。
舞台が北ということで、ゾンビは活発なんでしょうね・・・

 

Netflix キングダム シーズン3へ続く

 

 

 

「Netflix「キングダム」シーズン2 ネタバレ 感想 韓国ゾンビドラマ 続編」に1件のコメントがあります

  1. ピンバック: 韓国ドラマ「キングダム」ネタバレ感想 Netflix 今度のゾンビは夜だけ動く?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。