Browse By

映画 The Walk ザ・ウォーク あらすじ ネタバレ 結末 感想 吐いちゃうくらい高い!

ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の実話を元にしたヒューマンドラマ映画「The Walk」ザ・ウォークのあらすじと感想をまとめました。ネタバレ注意


The Walk ザ・ウォーク 予告編


出演者や画像などくわしくはこっち

The Walk ザ・ウォーク ざっくりあらすじ

1973年パリ、ストリートパフォーマーのフィリッペはNYで建設中のツインタワーの間を綱渡りすることを夢見る

お師匠や彼女、仲間たちに助けられNY入り

NYでも仲間を増やし、遂に決行

無事成功する

・・・・ざっくりすぎる(笑)

The Walk ザ・ウォーク トリビア

NYのプレミア上映でクライマックスシーンでめまいを感じ吐いてしまったお客がいたとか
フィリッペ本人がジョセフ・ゴードン=レヴィットを訓練。フィリッペは8日でジョセフが綱渡りできるようになると予想し、そのとおりになった

via imdb

The Walk ザ・ウォーク 感想

ストーリーはテンポよく進み、ツインタワーまではあっという間に進む
2時間の尺でも全然長く感じなかった

肝心の綱渡りシーン。この映画の見どころだけど
ツインタワーの間、実は何回も往復するんだよね

一回目の綱渡りがさくっと終わって、「え?もう終わり。おおぅよかったな」と思ったんだけど
ちゃんとその後も見どころは続くのです
高所恐怖症だとゾクゾクしっぱなしだと思われる(きらペリはそんなことないけど、下腹部がすぅぅぃってなっちゃった)シーンが20-30分くらい。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットはまるで別人に扮し、アクセントもフランス語なまりでいい感じだった(フランス人からしたら「ハハハ」なのかもだけど)
これが実際にあった話で、しかも今もうツインタワーがないって考えると観終わった後ジジーンっときました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。