1/5日本公開となりました映画「キングスマン」の続編「キングスマン:ゴールデンサークル」を観てきましたのでネタバレ感想です。前作に続いてアクションあり笑いありのスパイアクション映画でした!

 

 

キングスマンゴールデンサークル 予告編

キングスマン ゴールデンサークル ざっくりあらすじ ネタバレ

ハリー亡き後もエグジーはキングスマンで活躍していたが、ある日世界最大の麻薬組織ゴールデンサークルによりキングスマンが壊滅させられてしまう

生き残ったエグジーとマーリンはアメリカのスパイ組織ステイツマンを頼る

ステイツマンには死んだはずのハリーが記憶喪失の状態で匿われていた

ステイツマンのエージェント、テキーラの顔に青い血管のようなものが現れ、ミッションを離脱

ゴールデンサークルのボス、ポピーは全世界の自分達の麻薬利用者がこのままでは死んでしまうと大統領を脅し
解毒剤と引き換えに恩赦と麻薬の合法化を迫る

エグジーはウイスキーとグラストンベリーフェスに行きゴールデンサークルで働くチャーリーの元カノ、クレアを探す
エグジーは発信機をクレアにつけることに成功。

エグジーは荒治療でハリーの記憶を呼び覚ますことに成功

クレアを追って解毒剤を製造するアジトに乗り込むも、失敗
ハリーはウイスキーが裏切り者だと主張するもエグジーは記憶が戻ったばかりで本調子ではないハリーを信用しない

エグジーは自分の彼女、ティルダにも青い血管のようなものが現れたことを知る

エグジー、ハリー、マーリンはカンボジアのポピーのアジトへ
マーリンは地雷を踏んで死んでしまう
ポピーの人質だったエルトンジョンはエグジー、ハリーと強力しポピーと裏切り者だったウイスキーをやっつける
解毒剤は世界に撒かれ、人々は助かった

めでたしめでたし

 

 

 

キングスマン ゴールデンサークル 感想

笑ったところ
・エルトンジョンが想定外に強い!出番も多かった。
・ぶっ飛んだジュリアン・ムーアの役。オスカー女優になったらイメージ変える為にこういうぶっ飛んだ敵役でもやるのかな
・巨大な麻薬組織のはずが微妙なサイズ感のゴールデンサークルのアジト。でもダイナーは可愛かった。私も麻薬王ならダイナーはやりたい

好きな戦闘シーン
・ハリーとエルトンジョン VS メカドック

好きなキャラ
・賛否両論かもですがステイツマンのみんな。特にウイスキー!裏切り者だったけど存在感ありました! ペドロ・パスカルはGOTとかナルコスとかTVドラマ俳優って印象でしたが今後は映画沢山でるんでしょうね!

もっと期待してたこと
・大好きなチャニング・テイタム扮するテキーラの活躍・・・意外とチャニング・テイタム出番なかった(泣)

 

次作のキングスマン3がシリーズ最後となる予定だそうですが別途ステイツマンのスピンオフの噂も
チャニング・テイタムはスピンオフで活躍するのかも?しれませんね
次もマシュー・ヴォーンが監督、コリン・ファースとタロン・エガートンの出演は決まっており敵役にはドウェイン・ジョンソンが噂されている(via imdb.com)
マーリンとロキシーは実は生きてる説もあるみたいなのでさくっと死ぬけど実は生きてるパターンが本シリーズではお決まりになりつつある(笑)

 

 

 

映画 キングスマン ゴールデンサークル 感想 ネタバレ Kingsman2
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。