2016年のファミリー映画を代表するヒット映画となった「ジャングルブック」が日本でもようやく公開に。きらペリもTOHOシネマズデイを利用して観てきたよーざっくりあらすじと感想です。ネタバレNGな方は絶対読んじゃダメ(笑)


ディズニー映画 ジャングルブック 予告編


ディズニー映画 ジャングルブック ざっくりあらすじ

ジャングルで育った人間の子、モーグル。オオカミたちに育てられ一緒に生活していた

トラのシア・カーンはモーグルのことをよく思わない。モーグルはオオカミの群れから去ることに

育ての親だったオオカミの長が結局シア・カーンにより殺されてしまう

モーグルは熊のバルーと仲良くなってはちみつとったりして楽しんでたが
シア・カーンに長を殺されたことを知り復讐に戻る

仲間の動物の力も借りてなんとかシア・カーンをやっつけることに成功

めでたしめでたし

ディズニー映画 ジャングルブック 感想

動物がリアルで全くCG感というか違和感感じなかった。まぁ動物がしゃべるってファンタジーな設定がダメな人はいるかもだけど。

きらペリが印象に残ってるのはビル・マーレイのくまさんバルーと歌う「Bare Necessities」

それから、 アニメではオスだったという蛇のカーを演じるスカーレット・ヨハンソン

声がセクシーすぎや!

笑いはもちろん、ほのぼのさせてくれるシーン、そしてアクションシーンも満載で最初から最後まで飽きずにあっという間です
ヒットしたのもうなずける。
きらぺりはモーグルのせいでジャングルが火事になっちゃって、、、逆にシア・カーンが言ってたことあながち間違ってないじゃんって同情しちゃった・・・・

ディズニー映画 ジャングルブック ネタバレ あらすじ 感想 Jungle Book Review
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。