海外ドラマ、オリジナルズのファイナル・シーズン、遂に最終回。シーズン5のエピソード13「When the Saints Go Marching In」のネタバレ感想です。クラウスはホープを苦しめるダークマジックを代わりに吸収し自らホワイトオークの杭で自害しようとする・・・

 

 

前話、オリジナルズ シーズン5 エピソード12のネタバレ感想はこちら

 

オリジナルズ シーズン5 最終回 ネタバレ あらすじ

 

自害しようとするクラウスを止めるイライジャ
そこへホープがウェアウルフへの変体を終えてやってくる
事情を知ったホープは怒ってクラウスを止めようとする。
それでも止めようとしないクラウスに魔法をかけるホープ

気を失ったクラウスを館の地下に閉じ込めようとするコール、レベッカ、イライジャ
コールはいつものことだろと、早々に帰ってしまう。レベッカは後を追う

フレヤとホープはクラウスを救う方法を探す。フレヤ曰くクラウスが強力なだけにすぐに魔法の影響がクラウスを襲い自我を失うという
なんとかしようというホープだったがフレヤはどうしようもないと応える

 

 

 

クラウスはマイケルとキャミの幻想を見る
マイケルはホープを殺せと命じる
キャミがクラウスに語りかけ、正気に戻るように言う

 

車で帰ろうとするコールの眼の前にレベッカがやってきて止める

姿を消したクラウスを探すホープ、マルセルが止めるも聞かない。

フレヤの魔法でクラウスが街にいることを突き止める
ホープがクラウスを見つけるが、クラウスはマイケルの言葉に惑わされ様子がおかしい
ホープに手を出そうとしたところでイライジャがやってきてクラウスの首を折る

フレヤは少しの間だけでもクラウスに正気を取り戻させる方法を探す
ヴィンセントはニューオリンズを去るという
フレヤはキーリンとの子供の父親になってほしいという

 

コールは愛する人の元へ戻る。クラウスには何度もダガーで刺された助ける必要はないと言う
レベッカはコールを説得しようとするもコールはやはりきかない。レベッカは諦めて戻る

 

イライジャはフレヤの魔法でダークマジックを一部自分へ移動させた
イライジャはクラウスに家族にお別れを言うように告げるが、クラウスは自分のやりかたでやらせてくれと主張

 

 

 

クラウスの元へキャロラインが
キャロラインはクラウスが昔スマホに残した録音を聞かせる。
街を案内してくれるという約束を果たしてもらうとキャロラインは微笑む

ヴィンセントは父親役を提案されて戸惑う
ヴィンセントは自分の呪われた血を次代には引き継がせたくないと去る

 

暖炉の前でバーボンを飲むマルセルの元へレベッカが
クラウスに死が近づいていることで落ち込むレベッカを励ますマルセル
レベッカはマルセルにキス。ふたりはそのまま・・・

バーでお酒を飲むクラウスとキャロライン
キャロラインはホープにちゃんとお別れを言えと説得する
クラウスはお別れの仕方がわからないのだと応える
キャロラインは彼女を残し何も言わずに、たとえ胸が傷んでも振り返りもせずに立ち去ることが、あなたを忘れないという意味だよと告げる
キャロラインはクラウスにキスし、そのまま何も言わず、クラウスの方を振り返らずに去った

家に戻ったクラウスはホープの元へ
クラウスはホープは愛してると告げて死を覚悟していることを告げる
ホープはせっかく助けてもらったのになぜ今日なのかと涙する
クラウスは尊厳のある死を自ら選びたい、ホープのおかげでそう思えたと説明、ホープを抱きしめた

マルセルとレベッカがいちゃついているところに、キーリンを連れてフレヤとレベッカがやってくる
クラウスの思い出話に花がさく。そこへコールがワインを持って戻ってくる
そしてクラウスとホープもやってくる
クラウスはコールとハグし、これが葬式ならやってやろうじゃないかと皆で楽しく食事を楽しむ

 

 

中庭で焚き火を囲む面々
クラウスは皆にこれまでの礼とお別れを告げる
自分の命は今日までだが、マイケルソンは途絶えない。「always and forever」だと言う
ホープを連れてクラウスは二人きりに。ホープは独りで死にに行くというクラウスにお別れを告げる。
誇れる娘になる、学校に戻ると話す。
ふたりは愛してると告げて涙する

 

レベッカとクラウス、イライジャは三人で夜のニューオリンズの街を歩く
クラウスはレベッカにこれまで幸せになろうとするのを邪魔ばかりしてすまなかったと謝る
お詫びにとキャロラインにキュアを手に入れるように頼んだ、人間として生きることも出来ると告げる
レベッカは涙。ふたりはハグ。イライジャとクラウスを残してレベッカは去る

イライジャはベンチに座るクラウスの眼の前でホワイトオークの杭を2つに割る
イライジャは自分も死ぬのだと言う
クラウスは自分が死んだら好きなことが出来るんだぞと言うも、イライジャはどう生きるかを選ぶことを自分たちはエスターとマイケルに奪われた
ニコラウス、でも今それを取り戻すんだと話す
偽善者めというクラウスだったが、イライジャは自分の人生はずっとクラウスを救済するためにあった
そしてクラウスは蘇ったのだと説明。皆にもお別れをしてきたんだと譲らない
イライジャはクラウスがホープと二人で話をしている間にレベッカたちに説明したという

ホープが部屋で独り家族の絵を見つめているのをヘイリーが微笑ましく見つめる

キーリンとレベッカの元にヴィンセントがやってきて、父親になることを承諾すると告げた
3人はハグする

 

 

マルセルは街のヴァンパイアたちに航空券を手渡し、街を永遠に離れるように言う
レベッカはマルセルにキュアを飲んで人間として生きる、これから歳をとって生きる私の側にいてと求婚
「If you say yes」と書かれたシールの貼られた封筒をマルセルに手渡す。マルセルは「I do」と応えふたりはキス

クラウスはイライジャの覚悟を受け入れた
「もしこの後、平和なんてなく、暗闇だけだったら?」
「ふたりで立ち向かう。いつもみたいに」

向かい合うふたり
「お前がくれた愛は俺にはもったいない。でも兄弟よ、感謝している」
「輝かしい旅だった。ニコラウス、光栄だ」

イライジャは涙
二人はお互いの胸にホワイトオークの杭を突き刺す
みるみるうちに灰になり、ふたりは立ったまま息途絶えた

 

オリジナルズ 完

 

 

 

オリジナルズ シーズン5 最終回 感想

 

まさか死んじゃうなんてーーーーーーーー(泣)
最強のヴァンパイアなのに人間らしい愛すべきキャラ、クラウスが
そしていつもスーツがかっこよすぎたイライジャが死んでしまったー

#AlwaysAndForever 😉

A post shared by Joseph Morgan (@therealjosephmorgan) on

いろいろ悪事を働いたクラウス。演じたジョセフ・モーガンからお別れのメッセージ

ヴァンパイア・ダイアリーズで初登場したときにはまさかスピンオフまでやる人気キャラになろうとは思っていませんでした
永遠の命、家族、兄弟愛・・・色々テーマがありましたが私はやっぱりヘイリーとイライジャの恋路が一番好きなネタでした

最終回ではクラウスとキャロラインのキスが見れたので満足です!!

 

 

本編からカットされた、ニューオリンズ観光中シーン…最後のキャロラインの言葉にびっくり(笑)

ジョセフ・モーガン、クレア・ホルト、ダニエル・ギリスが語る最終回

ホープ役のダニエル・ローズ・ラッセル、ますます綺麗になったのでレガシーズ楽しみですねー
https://www.instagram.com/p/Bl9QW29HFjp/

 

オリジナルズ シーズン5 最終回 見どころ

 

 

オリジナルズ シーズン5 最終回 ネタバレ あらすじ 感想 ファイナルシーズン

3 thoughts on “オリジナルズ シーズン5 最終回 ネタバレ あらすじ 感想 ファイナルシーズン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。